昨今、高齢化が言われる日本において、高齢となった両親とともに住む家にリフォームをしたいと思われる方も多いのではないでしょうか。

ですが、リフォームと言ってもそれなりにお金がかかるもです。できればお安く済ませたいと言うのが、人の気持ちではないでしょうか。
こういった高齢者が住む家のリフォームや、介護が必要な人が住んでいる家のリフォームには補助がつくことが多いです。

各地の自治体では、「高齢者住宅改修費支援制度」や「障害者住宅改造費助成制度」が用意されていることが多く、これらの制度を利用することでお得にリフォームすることができます。

また、介護が必要な人が住む家のリフォームはバリアフリーリフォームとも呼ばれ、介護保険制度の元で、「要支援」または「要介護1~5」と認定された人が住む住宅に手すりをつけるなどのリフォームを行う際、最大20万円までの費用に対して、自治体が最大9割の援助を行ってくれます。
以前私も川崎にある実家を、高齢となった両親に向けて、手すりを付けるなどのバリアフリーリフォームを行おうと思い川崎のリフォーム業者探しをした事がありますが、自治体による援助を受けることができ、大変助かりました。

高齢者になって階段の上り下りがつらかったり、どうしても介護が必要な家族と一緒に生活する場合、自治体の援助でお互い楽しく暮らせるようになります。